レンコン茶とレンコンハンバーグの作り方!レンコンの効能とは?

最近の研究でレンコンに新たな効能が発見されたという。まだ動物実験の段階ではあるけれど、脂肪肝改善に役立つのではないかと考えられているという。そんな健康食材、レンコンを食べるためのレシピ、レンコン茶とレンコンハンバーグの作り方がはなまるマーケットで紹介していました。

れんこん

レンコンの栄養と健康効果

・ビタミンC…抗酸化作用
・ムチン…粘膜の保護
・ポリフェノール…免疫力のアップ
・脂肪肝の改善?(動物実験レベル)

特にレンコンにはタンニンというポリフェノールが含まれていることで有名。このポリフェノールがリンパ球の機能を高める。タンニンはレンコンの表面から3mmくらいのところに多くあるので皮ごと食したいところ。

目標として、1日レンコンは30g食べると効果が期待できるという。

レンコン茶の作り方

<材料>
レンコンの搾り汁(100cc)
水(200cc)レンコンの量に対応して適量
塩(少々)

レンコンの搾り汁は、レンコンをすりおろした後で手で絞って取り出す。だいたい100ccを搾り出すのに100gのレンコンが必要になる。すりおろしたレンコンは後でレンコンハンバーグにすると便利。

沸騰直前まで温めるて飲む。

レンコンハンバーグの作り方

レンコンは半分をすりおろし、のこり半分は食感を残すため荒くカットするのがポイント。

<材料>
レンコン(400g)
卵(1個)
塩(小さじ2分の1)
コショウ(少々)
片栗粉(大さじ2)

・レンコン(半分)を皮ごとすりおろす。そして絞って水気を取る。
・残り半分のレンコンを皮ごと荒いみじん切りにする。
・すりおろしレンコンとみじん切りレンコンをボールに入れて手でよく混ぜ合わせて、卵、コショウ、塩を加えてさらに混ぜる。ハンバーグと同じくらいの硬さになったら片栗粉を加える。
・適当な大きさに形成して、油をひいたフライパンに中火でふたをして3分加熱する。焼き目がついたらひっくり返して同様に片面も焼いて完成。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする