更年期障害の症状!40代女性は汗が特徴的?

駆け込みドクターでは、更年期障害が紹介されていました。40代~50代女性は要注意。更年期障害の症状は実にさまざまです。その有名な症状の一つに滝のようにでる汗があります。ホットフラッシュと呼ばれているそうです。番組では、女優の池上季実子(54)さんがこの更年期障害に該当していました。

danbell

スポンサーリンク
広告(PC)




更年期障害とは

更年期障害は、閉経を挟んだ前後5年に起きるとされている女性特有の体の不調。ほてり、吐き気、無気力などその症状は200種類以上あると言われている。

食生活の改善や日々の運動などでホルモンバランスを整えることが大切だとされている。

池上さんの場合は、朝うつっぽくなったり、ホットフラッシュに悩まされたという。目の下や鼻の下、クビの後ろに、流れるような汗をかいていたという。

更年期障害がもたらす弊害 離婚

なんと、更年期障害がもたらす弊害として注目を集めているのが、ただ身体的な症状だけでなく、なんと熟年離婚の原因にもなっているということです。

理由は更年期障害の妻が精神的に不安定で、夫の行動が許せなくなるというもの。些細なできごとでイライラが募り離婚に発展してしまうケースも実際にあるという。

更年期障害じゃないケースもある

更年期障害の症状と似ているものに、甲状腺機能亢進症というのがあるという。甲状腺は体の新陳代謝を促進するホルモンを分泌する。

このホルモンがたくさん分泌されると、汗を書きやすく、イライラしやすいといった症状がでる。逆にホルモンの分泌が低下するとむくみや無気力状態などといった症状がでるという。

この甲状腺の病気も女性に多いとされており、成人の5%~10%の割合でいるという。男性:女性の割合が1:9。簡単な見分け方としては、手を前にまっすぐに出した時に手がプルプルと震えると、この甲状腺機能亢進症の可能性があるという。

更年期障害ではこのような震えは起こらないという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする