ストレスで眠れない時はつぶやき入眠法 快眠にはマットレスも大切

今や日本は24時間社会になっていて、睡眠力が低下しているという。寝てもなんだか体がダルイなどそんな症状を訴える人も多い。日本人のおよそ5人に1人が不眠に悩んでいるという。健康カプセル!ゲンキの時間では、睡眠力を高める方法が紹介されていました。

睡眠2

スポンサーリンク
広告(PC)




マットレスにこだわりがある?

多くの人がマットレスにはあまり関心がないようです。これこそが睡眠力を下げる原因のひとつ。体型とマットレスが合っていないと腰の痛み、体のこわばり、肩こりの原因にもつながる。

立ってる姿勢を横にしたのが理想の寝姿勢。これをどうやって実現するのかが睡眠力をあげるポイント。

快眠を誘うマットレスにする秘訣

まず自分の体型を知る

・壁に沿って立ち
・壁と背中にできた隙間をチェック
・背骨が作るS字カーブの深さを確認する

次にバスタオルを用意する。
・S字カーブが浅いひとは:バスタオル1枚用意する
・S字カーブが深い人はバスタオル2枚用意
・マットレスが硬い場合腰周辺の隙間を埋める。バスタオルを4つ折りにしてマットレスのしたに敷く。

ストレスで眠れない人のための快眠法 つぶやき入眠法

「あー」心のなかでつぶやくだけでストレスでを気にせずに眠ることができるという。これをつぶやき入眠法というそうです。
人間は頭のなかで2つ同時のことを話すことができないという特徴を利用した方法。仕事のことが気になって眠れないといった時に使うと有効。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする