*

ストレスで眠れない時はつぶやき入眠法 快眠にはマットレスも大切

スポンサードリンク

今や日本は24時間社会になっていて、睡眠力が低下しているという。寝てもなんだか体がダルイなどそんな症状を訴える人も多い。日本人のおよそ5人に1人が不眠に悩んでいるという。健康カプセル!ゲンキの時間では、睡眠力を高める方法が紹介されていました。

睡眠2

マットレスにこだわりがある?

多くの人がマットレスにはあまり関心がないようです。これこそが睡眠力を下げる原因のひとつ。体型とマットレスが合っていないと腰の痛み、体のこわばり、肩こりの原因にもつながる。

立ってる姿勢を横にしたのが理想の寝姿勢。これをどうやって実現するのかが睡眠力をあげるポイント。

快眠を誘うマットレスにする秘訣

まず自分の体型を知る

・壁に沿って立ち
・壁と背中にできた隙間をチェック
・背骨が作るS字カーブの深さを確認する

次にバスタオルを用意する。
・S字カーブが浅いひとは:バスタオル1枚用意する
・S字カーブが深い人はバスタオル2枚用意
・マットレスが硬い場合腰周辺の隙間を埋める。バスタオルを4つ折りにしてマットレスのしたに敷く。

ストレスで眠れない人のための快眠法 つぶやき入眠法

「あー」心のなかでつぶやくだけでストレスでを気にせずに眠ることができるという。これをつぶやき入眠法というそうです。
人間は頭のなかで2つ同時のことを話すことができないという特徴を利用した方法。仕事のことが気になって眠れないといった時に使うと有効。

ad

スポンサードリンク

関連記事

うつ病の7つ診断基準とうつを予防する食材は納豆と青魚

駆け込みドクターでは、7つのうつ病の診断基準とうつを予防する食材として納豆と青魚が良いと紹介していま

記事を読む

更年期障害の症状!40代女性は汗が特徴的?

駆け込みドクターでは、更年期障害が紹介されていました。40代~50代女性は要注意。更年期障害の症状は

記事を読む

フレイルのチェック法 フレイルを改善する方法は早期発見と夢中になることを見つけること

フレイルという虚弱状態というのがあるそうです。いわゆる、要介護状態と健康状態の間の状態。このフレイル

記事を読む

快眠に欠かせない睡眠ホルモンを増やす方法とは? 主治医が見つかる診療所

主治医が見つかる診療所では、睡眠ホルモンであるメラトニンを増やす方法が紹介されていました。寝不足とか

記事を読む

色カルタ・シナプソロジー 感トレで脳の老化を防止! 健康カプセルゲンキの時間8月24日

最近はあまり泣いていないという方は、脳が感動しにくくなっている可能性があるのかもしれません。感動と脳

記事を読む

曽野綾子さんの人生が楽になる考え方のコツとは? 金スマ

曽野綾子さんというメディアにはほとんど顔を出さない、日本の代表的な女流作家が金スマで紹介されていまし

記事を読む

白瀬矗(しらせのぶ)林先生の生きざま大辞典

林先生の生きざま大辞典では、日本人で初めて南極大陸に挑戦した白瀬矗(しらせのぶ)という冒険家が紹介さ

記事を読む

第二の認知症(レビー小体型認知症)と家族の対応の仕方 ためしてガッテン

アルツハイマー型の認知症とは似て異なる新型認知症がためしてガッテンで紹介されていました。この第二の認

記事を読む

悩みがある時のマインドフルネスのやり方と効果 世界一受けたい授業

世界のトップアスリートやエリートが行っている究極の休息法。それは瞑想。近年、瞑想の効果が科学的に解明

記事を読む

子供に会えない父親、離婚後の親子関係!クローズアップ現代

子どもと離れて暮らす父親が起こすトラブルが増えているという。親が我が子を連れて行ったというトラブルは

記事を読む

ad

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

柿酢を毎日のむと減塩と同じ効果? 1日どのくらい飲むと効果があるのか 柿酢ドリンクの作り方

12月14日の主治医が見つかる診療所では、血圧を下げて体重も減らし、血

「浮気している」と嫉妬妄想に取り憑かれた妻 エスカレートするタイプとは?

12月14日のノンストップでは、嫉妬妄想にとらわれてしまう妻が取り上げ

ガッテン 目覚ましでスッキリと朝起きる方法は音量を小さくすること?

ガッテンでは、睡眠に関することが取り上げられていました。なんでも、朝ス

あさイチ 歯の銀行と歯を自家移植する治療法と値段

12月13日のあさイチでは、歯についての最新の治療法が紹介されていまし

アボカドに膝の痛み抑える効果 1日の摂取量は週に3個半?

12月12日のたけしの家庭の医学では、膝の痛みを軽減させる食べ物として

→もっと見る

PAGE TOP ↑