短時間息を止めると セロトニンが分泌されストレス解消になる!

世界一受けたい授業では、面白いストレス解消法を取り上げていました。なんでもその方法は息を止めるというもの。息止めと呼ぶそうですが、この方法を行えばセロトニンが脳内に分泌されてストレスに対抗することでできるとか。具体的な方法をまとめました。

息を止めるとストレスを感じにくくなる理由

ストレスの新常識として番組が紹介していたのは、息を止めることでした。順天堂大学の小林弘幸先生によると、息を止めると前頭葉がリラックス状態になり幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが増加するという。

するとストレスを感じにくくなり、副交感神経が活性化され、緊張や興奮が和らぎリラックスすることができるという。

そんな息止めの方法は次のとおりです。

息止め法のやり方

先生おすすめストレス解消の息止め法は4-7-8息止め法というやり方でした。

  • 4秒間胸いっぱいに息を吸います。
  • 7秒間息を止めます。
  • そして8秒間ゆっくりと息を吐きます。
  • 1日3回やると効果的とのこと。

まとめ

ヨガには、息を止めるクンバカという方法もあるとのこと。こちらは主に集中力を高めるために行うそうです。

とりあえず、嫌なことやムカついたことにであったら息止め法を実践してすぐにストレス発散を心がけましょう。

意外と日本人は深い呼吸をしている人が少ないという。主治医が見つかる診療所では簡単に深い呼吸にする方法を紹介していました。また、深い呼吸ができ...
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする