減塩・高血圧対策に水塩スプレー! 水塩スプレーの作り方

ガッテンでは減塩に役立つ調味料として水塩を紹介していました。さらにこの水塩を使った家庭でも簡単に作ることができる水塩スプレーの作り方も紹介していました。さっと食材にスプレーをするだけなので簡単に下味をつけるのにも役立ちます。

水塩をスプレーボトルに入れて減塩

水塩を使うことで減塩に役立てることができるそうです。

水塩は、塩を水に溶かしたもので古来、醤油が普及する前に使われていたという調味料のことです。

あるお店では、この水塩をスプレーすることで霧状になった水塩がまんべんなく降り注ぎ塩味をプラスして京料理の優しい美味しさを再現しているということでした。

水塩スプレーの作り方

番組では、家庭でも簡単に作ることができる水塩スプレーの作り方を紹介していました。

  1. ボウルに水を100ml入れます。
  2. その水の分量に対して30gの塩を加えて溶かし塩水を作ります。
  3. これをスプレー容器にいれたら完成です。

この水塩スプレーは冷蔵庫保管でおよそ10日使うことができるとのこと。

このスプレーをすることで大幅に塩分を減らすことができるそうです。

料理の最後はもちろんのこと、魚に下味をつけるときなどにもおすすめだということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする