すだち味噌の作り方 すだちのスダチチンが内臓脂肪を減らす

主治医が見つかる診療所では内臓脂肪を減らす万能調味料のすだち味噌の作り方を紹介。すだちの皮に含まれているスダチチンに内臓脂肪を減らす働きがあるということでした。

すだちが内臓脂肪を減らす理由

すだちが内臓脂肪減らすのには理由があるということでした。

すだちの産地の徳島にある徳島大学の研究チームの一人によるとすだちの皮にはスダチチンというポリフェノールが含まれているとのこと。

このスダチチンという成分には内臓脂肪を減らす効果があるということでした。

脂肪といっても皮下脂肪には効果がなく、お腹にたまる内臓脂肪をへらす効果があるとのこと。

すだち味噌の作り方

すだちの産地の方がやっているすだちの皮ごと料理法の一つにすだち味噌がありました。作り方は次のとおりでした。

  1. 鍋に味噌の中に砂糖を入れます。中火で加熱します。
  2. そして酒とみりんを加えて混ぜます。
  3. 最後にこの味噌にすだちの皮をすりおろしたものを加えてまぜたら完成です。

すだち味噌の鶏やき

このすだち味噌を使ったレシピの一つとしてすだち味噌の鶏焼きの作り方も紹介していました。

  1. カットした鶏の胸肉に塩コショウで味付けしてフライパンで焼きます。
  2. 仕上げにすだち味噌をかければ完成です。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする