胃腸を老けさせない最強大根おろしの作り方 垂直に大根をおろす!

今でしょ講座では胃腸を老けさせない大根おろしの作り方を紹介していました。大根の部位の選びから、大根のおろし方、辛さの違いによって大根に含まれている辛味成分であるイソチオシアネートの量が変わってくるということでした。

胃腸を老けさせない大根おろしの作り方

最強の大根おろしを作る前にまずは大根の選び方から考える必要があるということでした。

選び方というのは大根の部位のことです。

大根は根に近い部分を使う

大根おろしを作るには根に近い部分がおすすめだということでした。

この根の部分にイソチオシアネートという辛味成分が多く含まれているからでした。

大根おろしを垂直におろす

次に最強の大根おろしを作るためには大根のおろし方もとても重要とのこと。

おろし金に対して垂直になるようにおろすとイソチオシアネートが多く出るということでした。

垂直におろすことで細胞がしっかりと壊れてくれることからイソチオシアネートが増えるということでした。

ポイント

大根は根の部分を使い、垂直におろし金でおろしましょう。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする