歯ブラシで平熱0.5度上げる方法としょうが入り甘酒で体温アップさせる方法

主治医が見つかる診療所では、歯ブラシを使って平熱を0.5度上げる方法を紹介していました。また甘酒とショウガを組み合わせたものを飲むことで平熱を0.5度アップさせる方法を紹介していました。体温アップで美肌効果、代謝アップ、免疫力アップなど体が劇的に変わるとのこと。詳しく教えてくれたのは内科・漢方内科の今津先生でした。

歯ブラシを使って体温を0.5度上げる方法

今よりも体温を0.5度上げると免疫力、代謝、血流がアップして健康的になるとのこと。今津先生によると平熱をアップさせるポイントは次の2つだということでした。

  1. 筋肉量を増やすこと
  2. 食べてエネルギーを発生させる

とはいうものの、筋肉量を増やすのは結構大変ですが、先生によると歯ブラシを使うことをで筋肉量を増やすことができるとのこと。

利き手と反対の手で歯を磨く

先生が紹介してくれた、歯ブラシを使って手軽に筋肉量を増やす方法は利き手と反対の手で歯を磨くことでした

たったこれだけでも筋肉量を増やす事ができるとのこと。高齢者などにもおすすめの方法とのこと。

ショウガ入りの温かい甘酒

続いて、飲むことで平熱を上げる方法も紹介していました。それは温めた甘酒にすりおろしたショウガを加えたものを飲む方法でした。

甘酒はすばやくエネルギーに変わり体温を上げてくれるとのこと。また、ショウガを温めることでショウガオールという成分に変化することで体を芯から温めてくれるとのこと。

日本人の健康的な体温

そもそも健康的な体温とは何度なのでしょうか。健康的な体温は36.5度とのこと。また、37度は日本人の平均的な平熱の範囲内とのこと。

体温が1度下がるデメリット

平熱が低いと肌荒れ、老化が進みやすくなり、がん細胞が活発化し、太りやすくなるなどのデメリットがあるとのこと。

体温が1度下がると代謝12%、免疫力が30%低下する言われているそうです。

1日に5000個生まれるというがん細胞

平熱を下げる習慣

平熱を下げる習慣のチェックは次のとおりでした。

  1. 辛い食べ物が大好き
  2. 睡眠時間が短く夜型
  3. 筋肉量が若い時に比べて低下した
  4. 冷たいものをよく摂る

これらの項目のうち一つでも当てはまっていたら要注意とのこと。

感想

平熱が低いという方はショウガ入り甘酒と利き手の逆で歯磨きをするという方法を試してみるといいかも。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする