停滞腸の解消法とは? モーニングバード!

停滞腸というのをご存知でしょうか。秋から冬に変わるころは気温の寒暖差がとても激しい。この寒暖差が腸にも影響をあたえる。つまり、体が冷えると腸に行き渡る血流量も悪くなってしまう。そうなってくると腸の働きが悪くなってしまい、いろんな症状をもたらすという。そんな停滞腸の解消法をモーニングバード!が解説していました。

aki_min

停滞腸とは

停滞腸とは、お腹が冷えることで、腸の血行が悪化して腸の活動が鈍る状態。便秘や下痢を引き起こした挙句に、お腹にガスがたまりやすくなり、その腐敗したガスが血流にのって体に回ると肌荒れや、皮膚あれを引き起こし、さらに加えて、肩こりや頭痛なども起きてくる場合もあるという。

このことについては、未だに詳しいことは解明されていないけれど、この腐敗したガスが原因で自律神経の働きも乱すと考えられている。

また、停滞腸によって免疫機能も低下することもあるという。

停滞腸を解消するには?

オリーブオイルつかう方法

腸を動かす物質を摂取する。特におすすめなのが、エキストラバージンオリーブオイルなんだとか。
オリーブオイルは腸の冷えを解消して停滞腸に効果があるという。

エキストラヴァージンオリーブオイルはオリーブの実を搾ってろ過しただけの高品質オイル。

あるクリニックの院長がカレー味のカップ麺にオリーブオイルを入れて食べたらとても体が温まったという。そこでオリーブオイルの保温効果を調べてもらったそうです。

そうしたら、オリーブオイル入れるとお湯が冷めにくいということを発見。油膜が均一に薄く広がることで保温効果を生むという。

コーンポタージュやみそ汁にオリーブオイルを入れてもまずくはそうです。オリーブオイルの量は大さじ1杯。自分のお好みの温かい食べ物に加える。

座布団を使う方法

・まず仰向けになる。
・おへその上辺りを右から左へ軽く押す。
・3分程度行なう。
・次に腹ばいになる。このとき、お腹に座布団2つ折りにしてうつ伏せになる。
・お尻の力を抜いて、大きく腹式呼吸をする。
・これを5回行なう

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする