ねじれ腸と落下腸ってなに?

ねじれ腸は前回の記事でなんとなく腸がねじれている腸というのはわかったと思います。でも落下腸というのがいまいちわかりません。はなまるマーケットでは、このねじれ腸と落下腸について体を張って便秘に悩む3人女性が実際に調査していました。実はねじれ腸と落下腸は関係があるみたいです。

ひも

スポンサーリンク
広告(PC)




なぜ腸がねじれる?

ねじれ腸は腸がねじれているので便がつまり便秘になるというもの。これを放置しておくと、さらに便がつまり便秘スパイラルに陥ってしまう。

先ほど3人の便秘に悩む女性の便秘のそれぞれの特徴

①ひどくなると1週間くらい便が出ないときがある。ダイエットサプリみたいな下剤が含まれているものを服用しているという。
②意識的に食物繊維をとるけれどこれといって満足のいく結果が出せない。便秘と腹痛を何度も繰り返す。
③小学生のころから便秘に悩んでいる。

3人はねじれ腸だったのか

3人の女性は様々な角度からレントゲンなどでいろいろと腸を検査をしました。

その結果、①の方は立ち上がると腸が落ちてしまって骨盤の中に入ってしまっていた。腸が骨盤の中に落ちてしまうと、その中でさらにねじれてしまう。その折れ曲がったところで便が出にくくなってしまう。
②の方も、立っていると落ちてしまう①のかたと同じねじれ腸だった。
③の方は、たっているときに腸にねじれがあることがわかる。

なぜ腸がねじれるのかについては、日本人の身体的な特徴によるものではないかと考えられている

ところで落下腸とは?

先ほどの3人の女性の腸の検査で腸がねじれているということがわかりました。①と②の方の場合は立っているときに腸が落ちて、骨盤の中に入り込んでねじれてしまっているという結果があったと思います。

つまり、腸が落ちるというのはたっているときに腸が背中くっつかないで下に落ちてしまうこと。その結果、腸がねじれてしまう。

この腸落ちてしまう落下腸も日本人の身体的な特徴が原因なのではないかと考えられているそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする