1日5分だけ待つ法則で血糖値が改善?健康カプセル!ゲンキの時間

2020年11月8日に放送された健康カプセル!ゲンキの時間では糖尿病に関数疾患で世界では6秒に1人が命を落としているということで、糖尿病がテーマでした。そのなかで糖尿病を予防改善するために効果があるという生活の中でたった5分だけまってという方法を紹介していました。番組ではその5分の効果について実際に行った体験者による体験談もとりあげていました。詳しく教えてくれたのは医学博士の矢部先生でした。

1日5分待つだけで血糖値が改善?

1日5分だけ待つという方法は次のとおりでした。

  1. 食べる順番は野菜からにする。野菜に含まれる食物繊維によって糖が包まれて、食後の血糖値が抑えられる。
  2. 次に、肉や魚などのおかずを食べる。
  3. 5分でおかずを食べきらないようによく噛んで食べます。
  4. 5分たったら炭水化物を食べる

カレーライスなどの炭水化物の塊のようなレシピは、野菜をメニューに添えて最初に野菜を食べてから食べると血糖値上昇に役立つとのこと。

どうしても野菜がとれないというときは、食前に牛乳を飲むことでもOKとのこと。

これが5分だけ待つ法則でした。

実際に1日5分だけ待つを実践した女性のケース

7年前近所の病院で検査を受けたときに血糖の状態を表す数値ヘモグロビンa1cが11%という数値を叩き出してしまった女性。3種類の薬を処方され、1年半薬を飲んでも数値は改善しなかったそうです。

先生の指導を受けた結果、ヘモグロビンa1cがなんと正常値になり、薬の種類も1種類まで減らすことができたとのこと。

このようなちょっとした意識をするだけで血糖値に影響を与えるそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする