杉山弥紀佳さんは水中毒? 1日3.2リットルの水を飲む

名医のTHE太鼓判では、若い女性の間で急増しているという水中毒について取り上げていました。番組内で杉山弥紀佳さんが水中毒の可能性があると診断されていました。実際になぜ杉山さんは水中毒と診断されたのか、どういった症状なのかまとめました。

杉山弥紀佳さんが水中毒の可能性

杉山弥紀佳さんはフランス語も堪能で有名私立大学の西洋美術史を専攻しいる現役の大学生。われち語という独特の言葉で去年9月に芸能界デビュー。

そんな、水中毒とされた杉山さんは一体どれくらい水を飲むのか気になるところ。

番組ではある日の1日を取材してどのくらい水を飲んでいるのかを調べていました。

その結果はなんと3.2リットルでした。

ちなみに、普通に生活している人の1日必要な水分量は1.5リットルから2リットルです。

若い人の間で広がっている水中毒の症状と原因

泌尿器科の平澤医師によると水中毒とは、体の中に水分が貯留して体の中で悪い作用を起こすことだということでした。

水中毒は過剰の水分摂取で起こる中毒症状のこと。つまり原因は水の飲みすぎということになります。

これは、短時間に急激に水分を摂取すると起きるとのこと。

水中毒による症状は血液中のナトリウム濃度が低下してめまいや、意識障害、嘔吐、場合によっては命に関わることもあるとか。

意外な勘違い

なぜ若い人の間で水中毒になる人が増えているのかというと、それはダイエット目的で水を飲みすぎているケースや熱中症対策、水さえ飲めば健康になれるといった勘違いが水中毒を増やしているという。

水中毒の対策

水中毒にならないためには、まずは水制限をすることが先決だということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする