バイオレットライトで近視予防 バイオレットライトだけを通すメガネ

あさチャンでは近視を防ぐ可能性があるとして太陽光に含まれているバイオレットライトというの取り上げていました。なんでもこの太陽光が近視を防ぐとして今注目されているとのこと。また、太陽光から紫外線などを除いたバイオレットライトだけを通すメガネも開発中とのこと。

バイオレットライトが近視を防ぐ

専門家によると、外に出ると特別な波長の光があるという。それがバイオレットライト。

日光にはブルーライトをはじめとして様々な波長の光が含まれています。

中でもバイオレットと呼ばれている光に近視を防ぐ効果があるということがわかったということでした。

オーストラリアやドイツ、中国なので研究家がヒヨコを使った実験で光の効果を調査。

バイオレットライトに近い波長を浴びたヒヨコは、近視の原因となる眼球の伸びが、他の光を浴びたヒヨコに比べて抑えられたとのこと。

バイオレットライトを通すメガネ

眼科医の坪田一男教授と眼鏡メーカーが共同で、日光から目に有害な紫外線やブルーライトをカットしてバイオレットを通す眼鏡の開発が行われているということでした。

最低1日2時間は外で遊ぶ

坪田教授によると、子供の近視を防ぐポイントは、最低1日2時間は外で遊ぶことだということでした。

外で遊ぶことで太陽光が自然と目に入るのでバイオレットライトも浴びることができるということでした。

ただ、直接日光を目で見たりするのはNGとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする