ガッテン 最初の90分の深い睡眠 寝る間の入浴がポイント 最高の睡眠の極意

ガッテンでは最高の睡眠の極意について取り上げていました。なんでも最初の90分間に深い睡眠を取ることがポイントになるということでした。詳しく教えてくれたのは精神科医の西野精治先生で30年以上海外で睡眠について研究を続けているスペシャリストです。

最高の睡眠を取るためのポイント

番組で西野先生が実際にどのように最高の睡眠を取っているのか密着取材していました。

先生は9時40分に床に付きました。3分半後に眠りについたと思いきや途中で水を飲みの起きたり、トイレに起きたりしていました。

先生の睡眠時間はおよそ6時間ほどでした。

先生によると途中で目覚めてしまってもまたすぐに寝られればあまり心配は無いとのこと。

夜中に頻回に覚醒していても寝付きが悪いということではないということでした。

良い睡眠は最初の90分にある

西野先生によると良い睡眠をとるポイントは寝る時間というよりも最初の90分にどれだけ深く眠ることができるかがポイントとのこと。

最初の90分に深く眠ることが重要な理由は、成長ホルモンがよく分泌されるためだということでした。

成長ホルモンの役割はコレステロールをへらす骨を丈夫に保つ、筋肉を維持する肌の潤いを保つといったものがあります。

寝る前に入浴する

最初の90分に深い睡眠をとるための簡単な方法は寝る前に入浴することだということでした。

具体的には次のように入浴すると良いとのこと。

  1. 入浴は寝る1時間半前
  2. 40度のお湯に15分が目安
  3. 寝る直前ならシャワーで済ませる

感想

寝る前にはお風呂に入るといいみたいです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする