水が不足している時にできる歯磨きのやり方

あさイチでは、被災などで水が不足しているとき、あるいは水が少ない時にできる歯磨きのやり方を紹介していました。この方法を行えば少ない水で歯磨きができるとのこと。

水が少ないときの歯磨きのやり方

水が不足している時でも健康を保つため歯磨きはとても重要です。番組で紹介していた水が少ない時でもできる歯磨きのやり方は次のとおりでした。

  1. 30mlの水を用意します。
  2. 水で歯ブラシをぬらして歯を磨きます。
  3. 歯ブラシの汚れをティッシュで拭き取ります。
  4. コップの水を少しずず口に含み2,3回に分けてすすぎます。

その他の方法

水を使う方法以外にも、液体状の歯磨き、あるいは洗口液などもお水の代わりになるとのこと。

また、うがい薬などもお口の中を清潔に保つことができるので有効だということでした。

唾液を出す

また、歯磨きの他にも唾液を出すことでお口の中を清潔にする方法を紹介していました。

耳の下や頬、顎の下を手でもんだりして温めることで唾液の分泌がアップするそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする