シークヮーサー ノビレチンを豊富に含むスーパー食材

たけしの家庭医学ではシークヮーサーが認知症改善の効果があるとされるノビレチンを豊富に含むスーパー食材を紹介していました。この食材は酸を食わすものと言われているとか。

シークヮーサー ノビレチンを豊富に含むスーパー食材

酸を食わすものが日本一食べられている場所は沖縄県の大宜味村(おおぎみそん)。この村は知る人ぞ知る長寿の村。

この村ではシークヮーサーがよく食べられているということでした。

シークヮーサージュース

取材に登場した住民の方の多くがシークヮーサーを絞ったジュースを毎日1杯飲んでいました。砂糖を加えて水で割って飲んでいました。

当然気になるのは住民の脳年齢です。

いつも食べている人たちの脳年齢

この大宜味村に住んでいて、この食材をいつも食べているという御年100歳の方の脳年齢を測ったところ30代から40代という驚異の結果になっていました。

また、90歳の女性の脳年齢は70代という結果になっていました。

ノビレチンの含有量

シークヮーサーのノビレチンの含有量は一般的な食材に比べるとなんと20倍もあるということでした。

ノビレチンは認知症予防に効果があるのか

ノビレチンは脳の神経細胞のネットワークを再生する成分として注目を集めている成分です。

認知症の予防改善に劇的な効果が期待できるという特効薬を研究している名医によると、加齢によって脳の神経細胞のネットワークが衰えるが、ノビレチンという成分が神経細胞のネットワークを劇的に再生することがわかってきたということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする