ゴーラから日本みつばちの蜂蜜 炎症を抑える幻の食材 名医のTHE太鼓判

名医のTHE太鼓判では、ゴーラから作られる日本ミツバチのはちみつが炎症を抑える幻の食材を取り上げていました。ピロリ菌による胃炎や口内炎、逆流性食道炎など様々な炎症も和らげてくれる食材とのこと。

炎症を抑える食材 日本ミツバチのはちみつ

炎症を抑えるという幻の食材のゴーラを求めて番組がやってきたのは和歌山県熊野。

山奥に設置してあるゴーラがどんなものなのか見に行くとなんとそこには丸太がありました。

この木のようなものがゴーラ。このゴーラを開けるとなんとおびただしい数のハチが巣を作っていまいした。

いわゆるこれは和蜂(わばち)と言われるハチで、この和蜂はゴーラに巣を作ってみつを溜めていました

この和蜂は日本ミツバチのこと。

ゴーラとははちみつ採取用に丸太をくり抜いたものでした。

日本ミツバチのはちみつの効果

日本ミツバチのはちみつの収穫量はわずか5%しか無いという。

この日本ミツバチの蜂蜜のすごいところは、いろんな花の蜜を取ってきて1年間半かけて作られるところ。

花の種類は100種類あるとのこと。

この蜂蜜には冒頭でお伝えしたような炎症を抑える働きがあるということでした。

蜂蜜ごはんの作り方

蜂蜜をスプーン1杯程度、ごはんを炊く前に入れて炊くことで黒糖などが水を取り込んで米がつやつやになるとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする