ピーナッツもやしは能古島発祥の最高のダイエット食材だった!

名医のTHE太鼓判では能古島の最高のダイエット食材としてピーナッツもやしを紹介していました。この食材が栽培されているのは肥満が少ないという福岡県にある能古島という離島でした。

能古島のダイエット食材 ピーナッツもやし

番組では能古島では、なぜ肥満が少ないのかその秘密を調査。

能古島の周囲は12kmで人口が700人。島の女性の体重を調査したところ、身長161cmのある女性で体重が45kg、身長153センチの女性は44.7kgと平均体重を下回っていました。

さらに能古島の女性30人の体重からBMI値を測定したところなんと20.4と全国平均を下回っていました。

町の人に聞いたところ、この能古島ではピーナッツもやしという食材が栽培されているとのこと。

この食材がダイエットに効果的なのではないかと言う事でした。

ピーナッツもやしがダイエットに効果的な理由

ピーナッツもやしがダイエット食材として最適な理由はピーナッツの高い栄養価を残しつつカロリーを大幅にカットしているところ。

普通のピーナッツだと100gあたり588kcalで一方のピーナッツもやしの方は100gあたり78kcalしかありません。

また、アミノ酸も含まれていて、体脂肪を燃焼させ、食物繊維が糖質の吸収を抑制、さらにビタミンB1の働きによって糖質から脂肪を作らせないということでした。

ピーナッツもやし 100g 名医のTHE太鼓判
MACARON
売り上げランキング: 42

ピーナッツもやしの食べ方

番組では、ピーナッツもやしを炊き込みごはんにして食べていました。

ピーナッツともやしが合わさった味がするそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする