今でしょ講座 名医おすすめこうじ水の作り方 熱中症対策には軟水が良い理由

今でしょ講座ではこうじ水の作り方を紹介していました。また夏太り対策には硬水が良いと取り上げていました。また、寝るまえに飲むのなら軟水が良いと紹介していました。詳しく教えてくれたのは服部先生でした。

こうじ水の作り方

番組では服部先生オススメの水として、こうじ水の作り方を紹介していました。なんでも、こうじ水は血流や腸の働きを良くする効果があるそうです。

作り方

  1. 作り方は米麹を水に浸します。
  2. これを一晩冷蔵庫に入れて冷やしたら完成です。

他の番組でもこのこうじ水の作り方を紹介していたのでリンクを貼っておきます。

名医のTHE太鼓判では、便秘解消に効果があるというこうじ水の作り方を紹介していました。こうじ水を飲むことで腸内環境が整い便秘解消するとのこと...

夏太り対策には硬水が良い理由

夏太りに効果的なのは硬水だということでした。その理由はカルシウムやマグネシウムが多く含まれていて、脂肪の吸収を妨げてくれるとのこと。

硬水のマグネシウムは胆汁の働きを弱め脂肪の吸収を抑えてくれるそうです。

飲むタイミングとしては朝起きた時に飲むと良いそうです。

寝る前は軟水を飲んだほうが良い理由

ミネラルが少なく吸収されやすい軟水を飲むほうが睡眠を妨げないとのこと。

寝てるときは体を休めていることになるので、硬水などのミネラルによって胃が活性化してしまうと体が頑張ってしまうので、寝る前は軟水を飲むのがおすすめとのこと。

熱中症対策には軟水が良い

熱中症対策に水を飲む場合、硬水よりも軟水を飲んだほうが良いとのこと。理由は、硬水にはマグネシウムが含まれていて、水とマグネシウムが混ざるとその吸収率が下がってしまうとのこと。

なので熱中症対策には軟水を飲んだ方が良いとのこと。

感想

軟水と硬水でも飲み分けが結構重要だったりするみたいですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする