金のベンリ堂 冷たいペットボトルを握ると熱中症予防になる理由 手のひらの血管AVAを冷やす

金のベンリ堂では、冷たいペットボトルを握ると熱中症予防になると紹介していました。炎天下での持続はおよそ15分ほどで、手のひらにある特別な血管AVAを冷やすことで全身の体温を下げるので熱中症予防になるということでした。ポイントは手のひらのAVAと呼ばれる特別な血管を冷やす事にありました。

手のひらをペットボトルで冷やすと熱中症予防になる

番組では黄金の熱中症予防対策として紹介していた方法はなんと冷たいペットボトルを手に持って歩くというものでした。

さらに、冷たいペットボトル飲料を持ち歩くことで水分補給と手のひらの冷却の一石二鳥効果も期待できるということでした。

手のひらの血管AVAを冷やす

なぜ、冷えたペットボトルを握ると熱中症予防効果があるのかというと、AVAと呼ばれる冷えた血液を全身に循環させる特別な血管があるからだということでした。

AVAとは手のひら中に存在する特別な血管で動脈と静脈をつなぐバイパスのようなもので普段は閉じているという。

しかし、夏の暑さや運動などで体温が上がると閉じていたAVAが開き、ここに大量の血液が流れ込むという。つまり手のひらが温かくなります。

そこで、冷たいペットボトルなどで手を冷やすと冷たい血液が体を循環してくれるので熱中症予防になるということでした。

ペットボトル温度は15度程度が最適

冷蔵庫や自動販売機で購入したペットボトル飲料など冷えたものを手に持つことで手のひらの血管AVAを冷やすということでした。

では、ペットボトルの温度はどのくらいがベストなのでしょうか。専門家によると、15度くらいの温度がちょうどいいとのこと。

なので冷蔵庫や自動販売機から出したあと少しぬるくなったくらいがちょうど良いとのこと。

感想

炎天下の日は、ペットボトルを自販機で購入して手のひらを冷やすといいみたいです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする