酸化悪玉コレステロール減らすポイントは揚げ物をへらすこととトマトを食べる

主治医が見つかる診療所では酸化悪玉コレステロールという健康診断では見つけることができない悪玉コレステロールを取り上げていました。番組ではこの酸化悪玉コレステロールを減らす方法を紹介していました。

酸化悪玉コレステロールをへらす方法

番組で紹介していた酸化悪玉コレステロールをへらす方法は次のとおりでした。

  1. トマト:リコピンが含まれていて強い抗酸化作用があり悪玉コレステロールが酸化するのを防いでくれる。
  2. 揚げ物をへらす:揚げ物などのように高温で調理するものはコレステロールが酸化しやすくなるとのこと。

酸化悪玉コレステロール

専門家によると最近は悪玉コレステロール値が正常でも心筋梗塞や脳梗塞などの病気を発症する患者は少なくないとのこと。

なんでも心筋梗塞患者のおよそ30%は悪玉コレステロールが基準値内だったそうです。

そのため専門家の間では、コレステロールは量よりも質が重要と言われているとか。

そのコレステロールの中でも健康診断では見つけられない悪質なコレステロールこそが酸化悪玉コレステロールと呼ばれているコレステロールです。

酸化悪玉コレステロールは悪玉コレステロールが酸化してプラークを作り様々な血管疾患の原因になるとか。

悪玉コレステロールが増える原因

なぜ悪玉コレステロールが増えるのか気になるところ。原因としては次の4つがあるそうです。

  1. 糖質のとり過ぎ
  2. 動物性の脂のとり過ぎ
  3. 飲酒
  4. 喫煙

感想

暴飲暴食などはやはり体にわるいみたいですね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする