もずくは加熱すると胃がん原因のピロリ菌を減らす? もずく酢のサンラータンスープの作り方 この差って何ですか

この差って何ですか?では、もずくは加熱して食べることでピロリ菌を減らし、胃がんの予防効果があると紹介していました。さらにもずくを加熱して作るもずく酢のサンラータンの作り方も紹介していました。もずくの健康効果について詳しく教えてくれたのは東京海洋大学大学院准教授の藤田大介先生でした。

もずくを加熱して食べると胃がん予防できる理由

先生によると、もずくには胃がん予防の効果が期待できるとのこと。

というのも、もずくに含まれているフコイダンには胃がんの原因であるピロリ菌を胃から排出して減らす働きがあるとのこと。

実際問題、もずくの一番の生産地である沖縄県は、胃がんになりにくい都道府県のなかでは1位に選ばれています。

もずくの胃がん予防の健康効果をアップさせる秘訣は加熱するところにあるとのこと。

もずくは加熱することで細胞壁が壊れて、中からフコイダンなどの栄養成分が出やすくなるそうです。

そのため、健康効果もアップするとのこと。

もずく酢のサンラータンスープの作り方

番組では料理研究家の浜田陽子さんがもずく酢のサンラータンの作り方を教えてくれました。

材料

水溶き片栗粉

  • ごま油
  • 豚肉
  • ピーマンなどお好みの野菜
  • もずく酢
  • 鶏ガラスープの素
  • 溶き卵
  • ラー油

作り方

  1. 鍋にごま油を引き、豚肉、野菜類などを炒めます。
  2. 火が通ったら、水ともずく酢、鶏ガラスープの素、水溶き片栗粉、溶き卵、ラー油を加えたら完成です。

感想

もずくのフコイダンにはすごいパワーがあるんですねぇ。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする