緑内障予防にも役立つホットアイのやり方

主治医が見つかる診療所ではホットアイのやり方を紹介していました。日頃から目の怖い病気を守る方法の一つとして緑内障の予防にも役立つということで取り上げていました。詳しく教えてくれたのは眼科医の平松類先生でした。

緑内障の予防にもなるホットアイのやり方

眼科医の平松先生が番組で教えてくれたのは、目の怖い病気を予防できるという、どこでも簡単にできるホットアイという方法でした。

最近では目を温めるホットマスクがあるように、目を温めることで血行がよくなり疲労回復にもつながるということでした。

今回は道具を使わずに自分の手を使うだけでできる目を温める方法でした。やり方は次のとおりでした。

  1. 手を10回もしくは10秒間こすります。
  2. その後手のひらをカップ状にします。
  3. そして目を包むように手を置いて30秒ほどキープします。このようにすることで空気の温かみで目を温めることができます。

ホットアイのポイント

手を平べったく目に当ててしまうと目を押してしまうのでなので目には直接触れないように空気で温めるようにします。

感想

PC作業が多い人は試してみるといいかも。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする