純烈酒井一圭さん1日2パックのめかぶ生活 2週間で血糖値が劇的に改善

名医のTHE太鼓判では、純烈の酒井一圭さんが2週間めかぶを食べ続けることで血糖値の急上昇を抑えることに成功していました。酒井さんは肝臓に問題ありと診断され、しかもその脂肪肝は非アルコール性脂肪肝炎だったそうです。そのため血糖値の急上昇はその脂肪肝を悪化させる可能性があるということで、酒井さんは血糖値を抑えるべくめかぶ生活に挑戦しました。

酒井さんが行った血糖値を抑えるめかぶ生活

血糖値の急上昇を抑えるために酒井が行っていためかぶ生活の送り方は次のとおりでした。

  1. 1日2パック(40g)のめかぶを食べる
  2. 食前にめかぶを食べる
  3. 2週間続ける

2週間行っためかぶは市販のパックで売られているものでOKとのこと。

めかぶが血糖値の上昇を抑える理由

めかぶを20年研究している和洋女子大学の多賀先生によると、めかぶのとろみ成分が糖の吸収を抑えてくれるとのこと。

2週間のめかぶ生活の血糖値改善効果

酒井一圭さんが1日2パック(40g)2週間めかぶを食べ続けた結果は次のとおりでした。

めかぶ生活を始める前の食後の血糖値が211まで上がっていたものがなんと2週間後には103まで下がっていました。

感想

自分も血糖値がちょっと気になりだしてきたので、めかぶを食前に食べる生活を実践してみたいと思いました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする