タケノコの食べると記憶力がアップする理由 チロシンの吸収率を高める調理法は煮物

この差って何ですか?では、たけのには記憶力の低下を防止する効果があると紹介していました。また、その効果を高くする調理法もとりあげていました。詳しく教えてくれたのは、山菜の健康効果に詳しい札幌保健医療大学の荒川教授でした。

春に出回る山菜は冬の間に養分を蓄えて春に出てくるのでたくさんの成分を含んでいるとのこと。

たけのこで記憶力の低下が防止できる理由

先生によると、たけのこの健康効果には記憶力の低下の防止効果があるとのこと。

記憶に関して脳にはドーパミンという物質が重要で、ドーパミンの原料になるのがチロシンという成分で、タケノコにはこのチロシンという成分が沢山含まれているとのこと。

それで、タケノコを食べることで脳の働きが活発になり記憶力がアップするとのこと。

チロシンの吸収を高める調理法

さらにタケノコは調理法によってチロシンを効率よく摂取することができるとのこと。

チロシンを摂取できる料理として最適な調理法は煮物にすることでした。

チロシンは、タケノコをカットしたときから切り口からどんどん外に出てしまうとのこと。

なのでタケノコを細かく切ると多くのチロシンを失ってしまうそうです。

なのでタケノコは大きくぶつ切りにして食べる煮物のほうがチロシンの摂取に関しては最適とのこと。

感想

タケノコを食べることで記憶力がアップするというのは初耳でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする