隠れ脂肪肝の改善方法 筋トレと有酸素運動と食品では大豆と1日3杯コーヒーがポイント

NHKスペシャルでは隠れ脂肪肝の改善方法として筋トレと有酸素運動の組み合わせについて紹介していました。脂肪肝の段階であれば対策することで肝臓の状態は改善することができるとのこと。さらに番組では脂肪肝改善に効果あるとされる食品として大豆とコーヒーも紹介していました。

脂肪肝の改善方法のコツは筋トレと有酸素運動

番組では隠れ脂肪肝と診断された方に、その改善方法としてやってもらったことは次のとおりでした。

効率の良い筋トレと有酸素運動のやり方

実は運動面から言うと脂肪肝改善には有酸素運動と筋トレの組み合わせが効果的とのこと。

スクワット(筋トレ)

まず、脂肪肝の方は運動の面から改善する方法としてスクワットを指導されていました。

スクワットは10回を1日1セット行います。

スクワットのような筋トレを行うことで脂肪をエネルギーに変えろ!というメッセージが全身に送られて、メッセージ受け取った肝臓は中性脂肪をエネルギーに変えるスイッチが働き次のウォーキング程度の運動でも脂肪を燃焼するようになるとのこと。

会社員の方は仕事終わりに行うと次のウォーキングとセットで行うと効率が良いみたいです。

ウォーキング(有酸素運動)

スクワットを行った後で1日15分ほどウォーキングします。

脂肪肝改善食品には大豆がおすすめ

次に、番組では食事の面から脂肪肝改善が期待できる食材を紹介していました。それは大豆でした。

これは、最近のマウスの実験で大豆に含まれているタンパク質に脂肪肝を改善する特別な効果があるということが明らかになったためです。

コーヒー1日3杯で脂肪肝改善効果

さらに、脂肪肝を改善する食品としてコーヒーが紹介されていました。

コーヒーに含まれているカフェインは、最近の研究によって肝臓に蓄積する脂質を減らすことがわかったそうです。

なんでもコーヒーを1日3杯飲む人は脂肪肝のリスクがそうでない人に比べて1割ほど低下するとのこと。

感想

運動に関してはこんな簡単なことで良いのかと思いました。10回スクワットして15分ウォーキングするだけです。

さらに大豆食品の摂取や1日コーヒーを3杯を飲むことは簡単にできると思いました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする