NHKスペシャル 隠れ脂肪肝リスクチェックのやり方

NHKスペシャルでは、隠れ脂肪肝のチェックリストついて紹介していました。なんでも血液検査では肝機能が正常値でも脂肪肝の可能性がある、いわゆる隠れ脂肪肝について詳しく取り上げていました。番組では、その隠れ脂肪肝を家庭でも簡単にチェックできるチェック項目を紹介していました。

家庭でもできる隠れ脂肪肝のチェック方法

番組では、家庭でできる隠れ脂肪肝チェックリストを紹介していました。以下に当てはまる質問の解答の項目の点数を足していきます

  1. 夜食を毎日たべる(寝る2時間前の食事も含む)?:毎日食べる(3点):時々食べる(2点):食べない(0点)
  2. 通勤や買物などの移動に車を使う?:ほとんど車(2点):ときどき車(1点):使わない(0点)
  3. ジュース(缶コーヒーなも含む)などの甘い飲み物をのむか?:毎日飲む(3点):週に1回は飲む(2点):ほとんど飲まない(0点)
  4. 20歳のときと比べて10kg以上太った?:太った(2点):太ってない(0点)
  5. タンパク質が多い食品を食べているか?:ほとんど食べない(2点):あまり食べない(1点):よく食べる(0点)
  6. 平均の睡眠時間は?:6時間未満(1点):6時間以上(0点)
  7. ※多量のお酒を飲む頻度?:ほぼ毎日(8点):週3回(3点):週1回(2点):多量には飲まない(0点)

多量のお酒の量の目安は日本酒だと3合、ビール1500ml、ワインボトル1本、焼酎300ml。

隠れ脂肪肝のリスク度のチェック結果

以上のチェック項目の答えのうち、集計ポイントによってリスク度が低、中、高に分類されます。内訳は次のとおりになっております。

0点から5点だとリスクが低

6点から7点だとリスクが中

8から10以上だとリスクが高となっています。

意外と多い隠れ脂肪肝

血液検査で肝機能の異常を示す数値として有名なのがγ-GTP、ALT、ASTの3つがありますがこれらの数値が正常だからといっても安心できないとのこと。

番組で大調査したところ、肝臓の数値が正常値でも続々と脂肪肝の人が発見されました。

これらの人はいわゆる隠れ脂肪肝の人たちでした。

具体的には、血液検査で肝臓の数値に異常が無い50人中14人が隠れ脂肪肝でした。

フィブロスキャンで検査

50人の方は血液検査の他にフィブロスキャンという隠れ脂肪肝を見つけるとっておきの機器使い検査していました。

機器の先端から超音波を発射、そして肝臓の状態を調査します。

この値が240dB/m以上だと脂肪肝ということになるとのこと。肝臓の脂肪の5%以上に脂肪が蓄積した状態とのこと。

感想

普段不摂生をやっていると意外と高得点を獲得できそうです(涙)。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 増岡 より:

    SEWで保険点数がついたのにいまだにフィブロスキャンで番組を作るのは古い。
    出演していsる先生方もわかっているけどNHKがやるからで黙っている。肝臓学会、肝臓病学会、肝がんシュミレーション学会、また、各メーカーの人はこの番組を冷笑している。SWEでBモードと一緒に評価するのがスタンダード。。。。検診施設でもSWEを使っている。また、世界基準はSWE。。恥ずかしい番組になっている。日本が遅れているように感じる。ATI,ATTなど脂肪肝を可視化する画像で見る事は現代では出来る。フィブロスキャンは画像として見えない