七分づき米と海苔を一緒に食べると高血糖改善 101歳の長寿も実践

この差って何ですか?では7分づき米と海苔を食べ合わせた朝食を食べることで血糖値の上昇を抑える効果があると紹介していました。実際にゲンキご長寿で101歳の佐藤茂子さんという方の長生き朝ごはんとして紹介されていました。

100歳超えの佐藤さんの血糖値が正常値の理由

佐藤さんの健康診断の内容で注目すべき項目はその血糖値でした。100歳を超えた今でも空腹時血糖値が103と正常値の範囲内にありました。

普通80歳を超えると基準値の100を超えた高血糖の方が多いのですが、佐藤さんは違っていまいした。

専門家によると、佐藤さんが食べていた朝ごはんに血糖値を正常に保つ秘密があるとのこと。

七分づきのご飯と海苔の食べ合わせ

まず佐藤さんが食べていた朝ごはんの白米は七分づきでした。

七分づきとは、白米になる前の一皮ついているお米

具体的には玄米の皮などが約7割しか取り除かれていないお米です。

七分づき米は精米をしてくれるお米屋さんで購入することが可能とのこと。

七分づきのお米の味

佐藤さんによると、白米と同じ美味しさは変わらないとのこと。

高血糖に効果的な理由

七分づき米が高血糖に効果的な理由は、やはり食物繊維が豊富に含まれていて糖の吸収を抑える働きがあるためだということでした。

海苔と一緒に食べると効果アップ

さらに、海苔と一緒に七分づき米を食べることで糖の吸収がさらに抑えられ高血糖を予防する効果もアップするとのこと。

それは海苔にも食物繊維が含まれているためでした。

まとめ

高血糖が気になるという方は七分づき米と海苔を朝食に組み入れると良いということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする