内蔵リフトアップ体操のやり方 尿もれを残尿感も改善1日3回

By: LimeSpiked

ガッテンでは、尿もれや残尿感、下半身の違和感を改善する内蔵リフトアップ体操を紹介していました。なんでも骨盤底筋を鍛えることで下半身ののトラブルを解消することができるとのこと。実際にフランスでは風船を使った内蔵リフトアップ体操を行っているそうです。

内蔵リフトアップ体操のやり方

実はフランスでは尿もれなどの悩みの対策はかなり進んでいるとのこと。国中の医療機関では症状を軽くするための指導をしているとのこと。

それが内蔵リフトアップ体操です。フランスでは、骨盤底筋に関わる下半身の悩み解決法としてまっさきに行うとのこと。

番組では女性泌尿器科専門医がフランス流の内蔵リフトアップ体操をアレンジした方法を紹介していました。

やり方は次のとおりでした。

  1. 椅子を用意して座り、リラックスします。筋肉を収縮させるためにまずは力を抜いてリラックス。
  2. 次に自分はおならが出そうなイメージをします。そして、そのおならを止めようと、肛門の筋肉を締めます。
  3. この感覚をつかんだら、今度は椅子から立ち上がり息を吸います。
  4. そして、息を吐きながら肛門の筋肉をキュッと締めます。
  5. これを1日10分から20分を3回ほど行うと効果が出るとのこと。

まとめ

この内蔵リフトアップ体操は生活の中に一部に取り入れるといいそうです。つまり、家事をやりながらとかに行うと良いとのこと。

あえて時間を作ってやろうとすると続きませんよね。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする