便秘解消ブロッコリー和風土手鍋の作り方 シメにはバーリーマックス

By: sammydavisdog

梅沢富美男のズバッと聞きますでは、便秘解消が期待される食材ブロッコリーを使った和風土手鍋の作り方を紹介していました。ポイントとはシメにバーリーマックスを使うことでさらに便秘解消効果をアップさせるものとなっています。詳しく教えてくれたのは松生クリニック院長の松生恒夫先生でした。

ブロッコリーの和風土手鍋(シメにはバーリーマックス)作り方

ブロッコリー和風土手鍋の作りに挑戦したのはお笑い芸人のロバート馬場さん。なお材料の分量は公開されていませんでした。

材料

  • ブロッコリー
  • カラフルミニトマト
  • 米みそ
  • 赤味噌
  • マヨネーズ
  • おから
  • 人参
  • ごぼう
  • 干ししいたけ
  • にんにく
  • アンチョビ
  • エキストラヴァージンオリーブ
  • チーズ
  • バーリーマックス

作り方

  1. ブロッコリーの茎の部分を切り落とし、その他の部分をカットして鍋に入れます。
  2. さらに、にんにく、アンチョビを入れて焦げ目がつくまで炒めます。
  3. ここでブロッコリーを後入れするため一旦バット別の容器に移します。
  4. 続いてファイバーボールを作ります。ブロッコリーの茎はみじん切りにして、ボウルに入れます。そこにひき肉、おから、ごぼう、卵、片栗粉を入れて混ぜて丸めます。
  5. 先程、ブロッコリーを炒めた鍋に水1リットルを入れます。
  6. 米味噌と赤味噌を混ぜて合わせ味噌を作り、これにマヨネーズを混ぜ合わせます。この合わせ味噌を鍋の縁に塗って焼いていきます。鍋の中で味噌が焦げて香ばしいい香りになったらスープの中に溶かし入れます。
  7. ここに、ファイバーボール、プチトマト、炒めたブロッコリーを加えます。
  8. そして、エキストラヴァージンオリーブを加えます。
  9. 最後に焦げた味噌をスープに混ぜ合わせたら完成です。

シメにバーリーマックス

ブロッコリー和風土手鍋のシメに、お通じを良くするためお米ではなくバーリーマックスという食材を使います。

バーリーマックスは新種の大麦で、食物繊維はお米の40倍もあるそうです。

このバーリーマックスは残り汁に、バーリーマックス1:残り汁4の割合でそのまま入れて15分煮込んだあと、仕上げにとろけるチーズを入れたら完成です。

ブロッコリーは便秘解消に役立つ野菜

松生先生によるとブロッコリーは食物繊維の量がとても多く含まれているそうです。特に水に溶けない不溶性食物繊維の量が野菜の中でもトップクラスとのこと。

腸内で水分を吸収して膨らむことで、便のかさを増して腸を刺激、その結果、腸の動きが良くなり便秘解消につながるということでした。

オリーブオイルのチョいたし

エキストラヴァージンオリーブオイルをちょい足しすることで高い保温効果があり腸の温めにも効果があるとのこと。

松生先生によると腸を温めることも便秘解消につながるということでした。

まとめ

詳しい分量はわかりませんでしたが、便秘解消の食材として、ブロッコリーとオリーブオイル、バーリーマックスを知っておけば他のレシピに使えそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする