健康カプセル!ゲンキの時間 顎のズレの予防法とは?

健康カプセル!ゲンキの時間では、顎のズレについて取り上げていました。あごがずれることで、肩こりや辛い頭痛などの体調不良を引き起こすこともあるという。アゴのズレはもともとあるものではなく、年月が経つごとちょっとずつ目立ち始めるという。

歯ブラシ

アゴのズレの原因は、噛み癖による場合があるという。左だけで物を噛むなど、左右どちらかに偏った噛み方をしているとアゴがずれて顔がゆがんでくる場合がある。ちなみに、左だけで噛んで食事していると右側にアゴがゆがんでくるという。

そのほか、噛みしめるクセがある場合もアゴのズレの原因になるという。重いものを持ったときなどの一時的な噛みしめなら問題はないそうですが、仕事中や緊張したときなど長時間噛みしめをするクセがある人はアゴに大きな負担を与えるので、アゴのズレの原因になるという。

また、歯ぎしりもアゴがズレる原因。音がなっていなくても歯ぎしりをしている可能性があるという。これを隠れ歯ぎしりというそうです。

歯ぎしりのチェック法

自分が寝ている間によく歯ぎしりをしているかどうかをチェックする方法は次の通り。
①糸切り歯が削れて平らに削れている
②下の左右に歯型がついている。

顎ズレ予防・改善エクササイズ

頬の筋肉のマッサージ

①下あごに両手を添え、こめかみに向かってゆっくりと頬を押し上げる。
②この動きを2、3回繰り返す。
※やっている間は歯と歯はつけないこと。

あっぷっぷ体操

①口を閉じて歯と歯の間を開けて口を膨らます
②さらに上下左右を膨らませる
③これを5秒繰り返す

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(PC)