ブリ大根に含まれる成分で眼精疲労を改善予防できる理由

By:Sho Hashimoto

たけしの家庭の医学ではぶり大根に含まれる成分によって眼精疲労を改善予防できる効果があると紹介していました。詳しく教えてくれたのは、東京歯科大学市川総合病の角膜治療のエキスパート島崎潤先生でした。ポイントはブリに含まれているDHAとEPAにあるそうです。

ぶり大根で眼精疲労を改善予防できる理由

番組では、眼精疲労を改善予防する方法を島崎先生にズバリ聞きました。

それによると眼精疲労を食い止めるには食事で摂る栄養素の量が関係しているという。

特に富山県の人はその栄養成分を多く摂取している可能性が高いとのこと。

その栄養成分が含まれている食材は魚のブリ

実際富山県はブリの支出金額は46年連続日本一とのこと。

DHAとEPAが豊富

眼精疲労に効果がある栄養素とはDHAやEPAといったもの。ぶりにはこれらの成分が他の魚に比べて多く含まれているとのこと。

目の老化にも効果がある

近年の研究によるとDHAやEPAは目の老化に効果があることが判明しているとのこと。

ちなみに、ぶりに含まれるDHAの量はサバの1.7倍とのこと。

ぶり大根がおすすめの理由

では、ブリをどのようにして食べると効果的にDHAやEPAを摂取することができるのでしょうか。
それはぶり大根にして食べると良いとのこと。

ぶり大根にすることで、熱で溶けやすいDHA、EPAを含んだ汁を大根が吸収するので余すところなく摂取することができるということでした。

まとめ

ぶり大根を作るときはブリの頭を加えると、DHAやEPAが豊富に含まれている部位なのでおすすめとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする