【腰痛解消】お尻キック検査と太もも伸ばし体操のやり方

たけしの家庭の医学では、原因不明の腰痛を見つける方法お尻キック検査と腰痛を解消する太もも伸ばし体操のやり方を紹介。これらは自分で行う事ができるそうです。なんでも神経や骨が原因で腰痛になるケースは全体の15%ほど何だそうです。のこり85%が原因の特定が難しいとのこと。

お尻キック検査のやり方

番組では腰痛の名医がいる徳島大学病院の整形外科教授の西良浩一先生のもとを訪れ腰ではない別な場所が原因で腰痛になっているケースが有るということを教えてもらっていました

では、どうやったら腰痛がその原因かどうかがわかるのでしょうか。

西良先生は腰以外が原因で腰痛かどうかを見分ける簡単な検査の方法を教えてくれました。それがお尻キック検査でした。

やり方は次のとおりでした。

  1. うつ伏せに寝ます。
  2. そして少しだけ反動をつけてかかとでお尻をけるように膝を曲げます。
  3. この時お尻にかかとがつくかどうかがポイントになります。
  4. 両方の足で行います。

両方の足でかかとがおしりにつけば問題はないとのこと。ただし、どちらかの足あるいは両方の足のかかとがお尻につかなかった場合は別な場所が原因で腰痛になっている可能性があるとのこと。

太ももの筋肉が硬くなることが腰痛の原因

別な場所が原因で腰痛が起こるということですが、その別の場所とは太ももでした。

この太もも筋肉が硬くなることで腰痛を引き起こすことがあるということでした。

太ももが硬くなる原因は座っていることが多い、あまり歩かないなど太ももを日常的に使っていない人は太ももが硬くなりやすいとのこと。

太もも伸ばし体操のやり方

  1. 横向きに寝ます
  2. 手で足でつかみ、かかとをお尻につけた状態でゆっくり優しく太ももを後ろに振ります。
  3. これを左右10回ずつを1セットとして1日3セット行います。

まとめ

まずは腰痛になったらお尻キック検査を自分でやってみたいと思いました。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする