りんご1日1個を3週間食べ続けてオセロ松島さんも肺機能改善?

名医のTHE太鼓判ではりんごの肺機能の改善効果について紹介していました。なんでも1日1個のりんごを食べると肺機能の改善が期待できるとのこと。肺年齢74歳と診断されたオセロ松島さん。3週間1日1個のりんご生活を開始し肺年齢が実際にどれくらい若返るのか検証していました。詳しく教えてくれたのは呼吸器の専門医の大谷義夫先生でした。

りんご1日1個たべるだけで肺機能が改善

大谷義夫先生によると近年の研究でりんごが肺の病気を遠ざけるということがわかってきたということでした。つまりは機能を改善し、肺年齢を若返らせるということがわかってきたとのこと。

りんごポリフェノールの効果が肺年齢を若返らせる

肺が老化すると肺や気管支に炎症が起こり呼吸がしづらくなります。りんごに含まれるポリフェノール(抗酸化物質)が気管支の炎症をおさえ、空気の通り道を確保するので呼吸が安定し肺年齢が若返るとのこと。

りんご農家さんの肺年齢

番組ではりんごの農家さんの肺年齢がどうなっているのか調査。これによると、週に2,3個りんごを食べているという女性44歳の肺年齢はなんと18歳未満でした。

毎日りんごを食べているという、実年齢67歳の男性の肺年齢をチェックしたところ46歳でした。

りんごを定期的に食べていた人の多くが肺年齢が若いという結果になっていました。

3週間の1日1個りんご食べる松島さんの生活の結果

肺年齢が74歳という結果だったオセロ松島さん。3週間1日1個りんごを食べ続けるとどのくらい肺年齢が若返るかを検証した結果なんと肺年齢が73歳から61歳と13歳も若返ることに成功していました。

まとめ

1日1個の毎日りんごを食べ続けるのは大変ですが週に2,3個とかでも良いみたいですので肺機能に不安があるという方は試してみたは?

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする