胆石は食事を12時間以上空けているとなりやすい!胆石にならないための予防法とは?

所さん!大変ですよです、所さんも激痛に苦しんだ経験があるという胆石。番組では12時間以上食事を取らないと胆石になりやすい理由や胆石にならないための予防法を紹介していました。

胆石の予防法には12時間以上食事を空けない事が大切

専門医によると、そもそも胆石にになる原因は、胆汁の中のコレステロールが固まってできるという。

簡単に言うと脂ものを多く摂取しているとなりやすいとのこと。

所さんのケース

ところが所さんのケースでは脂っこいものや肉などはあまり食べない食生活をしているという。そこで専門医は所さんの生活リズムをチェックしました。

その結果、先生は所さんに胆石ができても仕方がないとの結果。

というのもの所さんは最後の食事(夜食)を食べた後(深夜0時)、次に食事を摂る時間はなんとその日の午後6時ということでした。

つまり12時間もの間、食間が空いていました

なぜ食感が長いと胆石になるのか

簡単に説明すると、長時間胆汁が出ないと、胆嚢の中に入っているコレステロールの濃度が濃くなり胆石ができやすくなるためだということでした。

胆石の予防法

先生によると胆石を予防するには、食事の間隔を空けすぎず、1日3食とると良いそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする