しょうが緑茶の作り方と効果 高血圧を改善し高血糖改善1日3杯が目安

健康カプセルゲンキの時間では薬味がテーマ。生姜の高血圧を改善、高血糖を予防する効果をアップさせるという生姜緑茶の作り方を紹介していました。詳しく教えてくれたのは食品の健康効果に詳しい平柳要先生でした。

しょうが緑茶の作り方

高血糖と高血圧を改善する効果のあるしょうが緑茶の作り方は次のとおりでした。

  1. 生姜を皮ごとすりおろします。生姜は洗うと皮も一緒に食べることができます。
  2. お湯を沸かし80度以下に温度を冷まします。80度を超えるとエピガロカテキンガレートという成分が壊れてしまいます。
  3. 80度以下のお湯で緑茶を湯呑に入れます。
  4. 生姜はだいたい5g程度入れて混ぜたら完成です。

しょうが緑茶の高血圧を改善効果

しょうが緑茶の効果について、平柳先生によると緑茶に含まれているエピガロカテキンガレートという成分が血管を広げる働きがあるため高血圧の改善が期待できるとのこと。

また、生姜に含まれている成分ジンゲロールやショウガオールにも血管を広げる作用があるので高血圧予防になるとのこと。

そのため生姜緑茶にするとダブルの効果を発揮するということでした。

生姜緑茶の1日に飲む量

しょうが緑茶は1日3杯飲むと効果的とのこと。また、1杯を食前と食後に分けて飲むと食後高血糖の予防にもなるとのこと。

まとめ

しょうが緑茶はこの時期には飲んでおきたいですね。寒い時期は血圧が高くなりがちになります。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする