ジョブチューン パプリカは白内障予防に効果的な食べ物? 食べる量は1日半分程度! 柴田理恵さんも白内障の手術を受けていた?

ジョブチューンでは白内障について取り上げていました。そのなかで白内障を予防する食べ物としてなんとパプリカが紹介されていました。パプリカが白内障予防になる理由とは?また、番組内で柴田理恵さんが白内障の手術を受けていたということも紹介していました。

スポンサーリンク
広告(PC)




白内障予防の食材はパプリカ

番組では、白内障を予防する食べ物はあるのかという問いに対して、ビタミンCが白内障予防に効果的という研究があると紹介していました。

ビタミンCの摂取量が多いグループと少ないグループに分けて白内障になりやすいかどうかを見たグラフによるとビタミンCを多く摂取したグループは、そうでないグループに比べて白内障の発症のリスクが約4割近く低くなるという結果になったとのこと。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物はたくさんあるが、パプリカが注目されているとのこと。

パプリカにはレモンの2倍のビタミンCが含まれていて、さらにビタミンPという成分があり、加熱によるビタミンCの分解を防いでくれるとのこと。

なので、調理してもビタミンCの濃度は高く保たれるとのこと。

パプリカの1日の食べる量

気になるパプリカの1日の摂取量は、半分でも食事の中に足すと1日のビタミンCの目標値に達するとのこと。

進行した白内障は手術

実際に白内障が進行してしまった場合の治療法は手術だということでした。

専門家の医師によると、今の白内障の手術は一番進歩しているのではないかということでした。短時間で終わり、痛みが殆ど無く、しかも日帰り手術だという。

熟練した眼科の専門医であれば10分程度とのこと。

柴田理恵さんも白内障の手術を受けていた

白内障の手術の話題のなかで、柴田理恵さんも実際に受けていたことがわかりました。

なんでも、手術は本当にあっという間に終わったそうです。手術後に家の中が埃だらけでびっくりしたそうです。

あと、世の中が明るくなったとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする