名医のTHE太鼓判 ハチミツとコーヒーで咳が改善? 椿鬼奴さんの肺機能はカラオケで鍛えられていた

名医のTHE太鼓判では、ハチミツとコーヒーが咳止めに効果的な理由やカラオケで歌うと肺機能が改善する歌謡曲などが紹介されていました。これは、椿鬼奴さんが意外と肺機能が健康的だった理由の一つでした。呼吸器が専門の大谷義夫先生が詳しく教えてくれました。

スポンサーリンク
広告(PC)




ハチミツとコーヒーが咳を止める理由

番組で、咳止めよりも効果ありとして紹介されていたのがハチミツとコーヒーの組み合わせでした。

大谷医師によるとハチミツには炎症を抑える作用があり、コーヒーには気管支拡張作用があるとのこと。

このため咳に効果があるとのこと。

椿鬼奴さんカラオケで肺機能を鍛えていた

椿鬼奴さんの肺年齢はなんと実年齢+2歳という結果でした。ガラガラ声の割には意外と肺は健康的というか年相応でした。ちなみに年齢は45歳で肺年齢は47歳という結果。

椿鬼奴さんはよく行きつけのスナックへ通っているという。そして熱く熱唱をしていました。

番組ドクターによると、椿鬼奴さんの肺年齢がそれほど悪くなかった理由はカラオケがいい結果をもたらしたのではないかとのこと。

ちなみに、カラオケでも椿鬼奴さんは声が出ていませんでした。しかし、声を出そうと努力することが大切だという。

さらに、特に高い音域の曲を歌うと喉仏が上に上がり誤嚥性肺炎の予防につながるとのこと。

肺の周りの筋肉を鍛えて肺機能アップ

医師によると、加齢や環境によってダメージを受けてしまった肺そのものは元には戻らないとのこと。

しかし、肺の周りにある筋肉は呼吸筋を鍛えることで、肺の機能を少し改善させることができるとのこと。

キャイ~ン体操

番組では、肺機能を改善させるキャイ~ン体操を紹介していました。

  • 胸の前で手を組みます。鼻で息を吸いながら腕を伸ばします。この時背中は丸ませます。
  • 鼻から息を吐きながらゆっくりと腕を戻します。
  • 1日10回を目安にすると良いとのこと。
スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする