モーニングショー ヘルペスウイルスを使ったガンの療法いつから実用化?

モーニングショーのそもそも総研のコーナーでは、ガンの最新研究について紹介していました。それはウイルス療法というガンだけを破壊するウイルスを使った治療法だという。現在はまだ治験段階とのこと。このウイルス療法の2つのメカニズムとは。詳しく教えてくれたのは東京大学医科学研究所の藤堂具紀教授でした。

ガンのウイルス療法の2つのメカニズム

藤堂先生はガンのウイルス療法の分野で世界でも最先端を走っているという研究者です。

藤堂先生によると、ウイルス療法というのはガンの新しい治療法でがん細胞だけを破壊するウイルスを人工的に作ってそのウイルスそのものを薬にするという治療法だという。

ウイルス療法の2つの効果

ウイルス療法には2つの効果があるとのこと。一つ目はガンを破壊するという効果

ウイルスはがん細胞に感染するとすぐに増殖し次々とがん細胞を破壊します。

正常細胞にウイルスが感染しないないのかどうか?については、正常細胞に感染しないのではなく、がん細胞に感染すると増えるということだという。

ウイルス療法で使われるウイルスは単純ヘルペスウイルス1型という口唇ヘルペスの原因となるウイルスだという。

これが、がん細胞でだけ増えるようにウイルスの遺伝子を操作するということでした。

ウイルス療法の2つ目の効果はがん細胞に対する免疫力の強化だという。

がん細胞でウイルスが増える過程で、今度はがん細胞に対する免疫ができてくるとのこと

これは、免疫が増えたウイルスを排除しようとするという副産物だということでした。

これで、いままで認識していなかったガン細胞を体が認識するようになるとのこと。

どう治療するのか

ガンの部位に直接、注射などで投与するという方法がメインになるのではないかということでした。

現在、東京大学医科学研究所では脳腫瘍に対する治療効果を見る第2相の治験が行われているとのこと。

9年前に悪性脳腫瘍と診断をうけ、余命1年を言い渡された患者さんは、このウイルス療法の治験に参加。

このウイルス療法に参加する前は摘出手術、放射線治療をするも再発、病状が悪化するなか、新聞で藤堂教授の記事を見て治験に応募したという。

2010年にウイルス療法の治験に参加し8年経っているが今は問題がないとのこと。

一方でこのような効果が現れない患者さんもいるとのこと。やはり、免疫には個人差・個体差があるので結果に違いが出るということでした。

実用化はいつ?

悪性脳腫瘍に対しては早ければ1,2年以内に実用化される見通しだという。

ただ、このウイルス療法は血液のガンには使えないとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする