松原智恵子さんの血糖値安定術 食事に1時間とながら運動!

松原智恵子さん(73歳)の血糖値安定術とは一体どんな方法なのか。名医のTHE太鼓判では、芸能人の血糖値について調査。その中で、血糖値が安定していたのが松原智恵子さんでした。血糖値を安定化させていたポイントは食事に1時間かけること、歩行スピードの強弱と運動でした。

スポンサーリンク
広告(PC)




松原智恵子さんの血糖値が安定している理由

番組の検査によると、松原さんの血糖値は空腹時血糖で83mg/dlでHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)は5.9%と正常値でした。

食事はバランス良く摂取しているとのこと。そんな、松原さんの日常生活はいったいどうなっているか気になるところ。そこで、番組では1日に密着。

食事は1時間かけて摂る

午前11時、スタッフが作る朝食。具たくさんスープに卵料理とトースト、サラダなど。朝食はゆっくりと1時間かけて楽しむ。

多品目を摂るだけでなく食事に時間をかけることで血糖値の上昇を抑えていました

インターバル速歩 食後のウォーキング

食事のあとは決まって歩くとのこと。血糖値を安定化させるポイントは箸を置いたら靴を履けというほど運動が大切。

松原さんのウォーキングは速さに強弱をつけているとのこと。早歩きとゆっくり歩きを交互に繰り返しているという。いわゆるインターバル速歩を行っている。

ながら運動を好きな時にする

女優の松原智恵子さんの血糖値安定術その3それは、暇さえあれば体を動かすことでした。家にはところ狭しと健康グッズが置いてあり居間は松原さんのトレーニングルームと化していました。

テレビを見ながら体を動かす、いわゆるながら運動をいつも行っているとのこと。

若さを保つ心構えは、いろんなことに頑張りすぎないこと、自分がやりたいときにやることだという。目標などは決めないでやりたいと思った時にやることこそが健康を保つベストな方法だということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする