今陽子さんは加齢黄斑変性だった? 原因はスマホの見すぎ

目の健康寿命は70歳と言われているそうです。名医のTHE太鼓判では芸能人を対象にこの目の寿命70歳を超えられるかどうかをチェックしていました。そんな中、今陽子さんが加齢黄斑変性だったことが判明しました。その原因は今陽子の日常生活にもあったようでした。

今陽子は加齢黄斑変性だった

今陽子さんは現在67歳で、70歳までに何らかの目のトラブルになると検査の結果から判定されていました。そのトラブルを引き起こすと考えられた目の疾患が加齢黄斑変性でした。

加齢黄斑変性とはどんな病気

黄斑(おうはん)とは見たものを写す網膜の中心にある部分。そこがダメージを受けるのが加齢黄斑変性という病気。

加齢黄斑変性になると視力が低下し、物が歪んで見えたり、視界の中央が見えなくなるといった症状が現れるとのこと。
アメリカでは1400万人がこの加齢黄斑変性にかかっているというデータもあり、失明の第一原因と言われているそうです。

日本でも70歳をすぎると20%の人に加齢性黄斑変性の発症のリスクがあるとのこと。

今陽子さんが加齢黄斑変性になった原因

なぜ、今陽子さんが加齢黄斑変性になったのか。その原因はあることに熱中になりすぎることにあるのではないかということでした。

それは、スマートフォン。彼女はアメブロで人気1位の実績の持ち主でブログを書いたりなどスマホをよく使うという。

眼科医の深作秀春先生によると、スマホなどのブルーライトが黄斑部を傷害するということでした。

スマートフォンのブルーライトの強さはPCやテレビに比べて強いのでやり過ぎには注意が必要とのこと。

予防法は黄色い色素を積極的に摂取する

加齢黄斑変性にならないためには、ルテインなど黄色い色素のものを積極的に摂取することだという。

また、人参やブロッコリーといった緑黄色野菜積極的に摂取することでそのルテインが黄斑部を守ってくれるとのこと。

鮭もおすすめ

また、加齢黄斑変性を防ぐ食べ物としては緑黄色野菜の他に、お魚のシャケも良いそうです。

赤身の色素のアスタキサンチンは目の老化を防ぐと言われているそうです。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする