血圧の急上昇予防にホットトマトジュースがおすすめの理由 南美希子さんの血圧を198まで上昇させた食べ物とは?

名医のTHE太鼓判では4人の芸能人の血圧を24時間測り、どのタイミンで血圧が上がったのかを調べていました。そのなかで、血圧の急上昇を抑える飲み物としてホットトマトジュースが取り上げられていました。また、フリーアナウンサーの南美希子さんはあるものを食べたことで血圧がなんと193にまで急上昇していました。そのあるものとは。

スポンサーリンク
広告(PC)




南美希子さんの血圧が急上昇した理由

番組ではフリーアナウンサーの南美希子さんの血圧を測るためその生活に密着しました。血圧は24時間測ります。その生活のなかになんと血圧を急上昇させてしまう行動がありました。南さんの平常時の血圧は113でした。

午前8時、ほぼすっぴんで散歩している姿がありました。なんと南さんは寝起きの散歩で約6km歩くのが日課だという。しかも、ハイペースで歩きます。

20分後、この日の気温は4℃だがコンビニへ行きアイスコーヒーを購入。あるきながらコーヒを飲む。この時の血圧は161まで上昇しました。コーヒーを飲まないと1日が始まらないとのこと。

午前10時仕事へ。タクシーの中で顔パック。この時の血圧は96でした。

午後11時マネージャーと一緒に昼食。注文したのは温かいお蕎麦。すると、七味唐辛子を大量にかけました。真っ赤にそばが染まるくらいかけていました。

汁までそばを完食し血圧が198まで上昇していました。

血圧が198まで上昇した理由

南さんの血圧がここまで上がった理由は、医師によると、唐辛子をかけて交感神経が優位になったことの他に、そばのつゆを全部飲むことによるものだという。

やはり、ソバつゆを全部飲むのは塩分の過剰摂取になり、1日の食塩摂取量の目安を一気に超えてしまうとのこと。

食塩摂取量の目安は高血圧の人で1日6g、一般の人で8gと言われています。

ホットトマトジュースで血圧の上昇を抑える

池谷敏郎医師がおすすめする、寒い朝などに最適な飲み物がホットトマトジュースだという。実際に医師も実践しているそうです。

ホットトマトジュースの作り方は次のとおりです。

  • 無塩のトマトジュースをレンジで2分温めます
  • オリーブオイルとレモン汁を加えて完成です。

ホットトマトジュースが血圧上昇を抑える理由

トマトの中にギャバという物質が入っていて、高ぶった神経を鎮めて長期的に血圧を下げる働きがあるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする