眠り始めの90分に深い睡眠を取る方法 成長ホルモンは最初の90分に8割分泌! 睡眠負債を測る方法

金スマでは、スタンフォード大学の睡眠研究の権威である西野精治先生が睡眠負債を測る方法や睡眠負債を解消するためのスタンフォード式の4つの睡眠メソッドを教えてくれました。ポイントは眠り始めの90分に熟睡することだという。また成長ホルモンの8割はこの90分に分泌されるという。自分の睡眠負債を算出する方法とは

スポンサーリンク
広告(PC)




眠り始めの90分に深い眠りを得る方法 睡眠負債の測り方

西野先生によると、多くの日本人が睡眠負債を抱えているという。睡眠負債とは、慢性的な寝不足が蓄積されたものだという。そのため1,2日寝ても簡単には解消できないという。

睡眠負債の測り方

自分が睡眠負債をどれくらい抱えているのかチェックする方法は簡単に求める事ができるという。

まず、休日に窓や時計などを情報を隠して時間を気にすることなく好きなだけ寝てみます。

普段よりも2時間以上多く寝てしまった場合は睡眠負債を抱えている可能性が大きいという。この差が大きければ大きいほど睡眠負債が大きいということでした。

眠り始める最初の90分に成長ホルモンの8割が分泌される

先生によると睡眠の質は眠り始める90分にかかっているとのこと。睡眠というのは寝付いたときに一番深い睡眠が出るという。それがノンレム睡眠というもので最初の90分間続くという。

さらに、この最初の90分に成長ホルモンの8割が分泌されるという。

成長ホルモンの働きとしては疲労回復、筋肉や骨の強化、コラーゲンの生成、代謝促進、などがあります。

最初の90分に深い眠りにつく方法

西野先生が教えてくれた寝始めの90分間に深い眠りつく方法は次の4つのことを押さえるだけで良いとのこと。良い睡眠を取るためには朝の過ごし方が大切だということでした。

  • 朝起きたら太陽の光を浴びる。15秒程度浴びるだけで良いとのkと。
  • 朝起きたら手を洗う。手を水で冷やすことで脳の活動スイッチが入るという。このように脳をしっかりと朝起こすことで夜しっかりと眠る事ができるとのこと。
  • 昼に軽い運動として散歩などをする。犬の散歩など軽いものを行います。激しい運動は逆効果になるので要注意とのこと。
  • 寝る90分前に風呂にはいっておく。この90分前というのがポイントで、ちょうどこの時間が経つことで体が冷え始め寝付きやすくなるとのこと。40度の温度で15分程度の入浴時間が目安とのこと。

どうしても寝る直前に入浴したいという場合はシャワーを浴びるだけにするという方法は可能だということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする