血管若返り食材ベスト5とは 1日3杯のコーヒ 黒酢昆布 ダークチョコレート バイキング

バイキング ひるたつのコーナーでは、血管研究の第一人者で血管年齢の考案者で名医の高沢謙二先生が血管が若返る5つの食材と血管年齢の目安となるチェック項目を教えてくれました。血管を若返らせる食材には1日3杯のコーヒー、黒酢、ブルーチーズなど意外なものもランクインしていました。

スポンサーリンク
広告(PC)




血管を若返らせる食材ベスト5

血管アンチエイジング食材ベスト5は次の通りでした。

1日3杯のコーヒー

非常に身近な飲み物が実は血管を若返らせる効果があるという。それはコーヒーでした。コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールの成分が血管の動脈硬化を防ぐ働きを持っているという。もちろん、コーヒーはブラックで飲むことが推奨されるということでした。

クロロゲン酸の持続効果はだいたい6時間程度といわれていることから朝・昼・晩と1日3回くらい食後に飲むと効果的とのこと。

1日2杯でも25%ほど飲まない人に比べて血管が柔らかくなるというデータもあるということでした。

ダークチョコレート

続いての血管を柔らかくさせる食材は、ダークチョコレート。チョコレートに含まれているカカオにもポリフェノールが含まれていて抗酸化作用があるので血管若返りには良いとされているという。

ドイツの研究によるとダークチョコレートを1年間食べ続けたグループは、上の血圧が1年半後には2.9mmHg下がったという。この血圧が2.9下がるだけでも狭心症のリスクが5%減少するということでした。

なるべくミルクの含まれていないチョコレートを1個半が1日食べる目安になるということでした。

黒酢 黒酢昆布の作り方

続いての血管アンチエイジング食材は黒酢。黒酢の成分には血小板が固まるのを防ぐ働きがあり血管の老化の防止につながるということでした。

黒酢に昆布をつけた黒酢昆布として召し上がると食べやすいとのこと。

黒酢昆布の作り方はタッパに黒酢を注いで、そこに適当にカットした昆布をいれて、冷蔵庫で2,3時間寝かせれば完成とのこと。

ブルーチーズ LTP

ブルーチーズにも血管若返りの効果があることが最近の研究でわかったということでした。具体的には、血圧低下血管収縮の防止などの効果があるとのこと。この健康効果はブルーチーズの成分のLTPによるものだという。

特にブルーチーズはロックフォールチーズがおすすめとのこと。

1日の摂取の目安は30g程度だという。

玉ねぎ

血管に良いとされる定番の野菜といえば玉ねぎです。玉ねぎを切った時に出てくる硫化アリルという成分が血液が固まるのを防いでくれるという。

玉ねぎのおすすめの食べ方は、薄くカットした後に1時間放置してから食べることだそうです。

こうすることで、効果がアップするとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする