ミカンの皮と飲むヨーグルトで目のかゆみを抑える 世界一受けたい授業

世界一受けたい授業では花粉症対策に関する話題が取り上げられていました。その中で、ミカンの皮と飲むヨーグルトをミキサーで混ぜて飲むと花粉症による目のかゆみなどの症状が抑えられるという花粉症の新事実が発見されたとのこと。

スポンサーリンク
広告(PC)




花粉症の目のかゆみ 飲むヨーグルトとミカンの皮

花粉症対策の新事実として飲むヨーグルトとあるフルーツの皮をミキサーでかき混ぜて飲むと花粉症による目のかゆみを抑える効果があることがわかったという。

そのフルーツの皮とはミカン。ミカンの皮と飲むヨーグルトを一緒にミキサーにかけて飲むと目のかゆみを抑えるということでした。去年3月愛媛大学の研究チームが発表した結果とのこと。

材料

  1. 飲むヨーグルト…150ml
  2. ミカンの皮…1個分

飲むときはミカン1個の皮を3等分にして朝昼晩に分けて飲みます。ミカン1個分の皮を一度に混ぜて飲むととても苦いとのこと。

この2つの材料をミキサーで混ぜて毎日飲むと2週間でかゆみなどの症状が大きく改善することがわかったということでした。

ミカンの皮と飲むヨーグルトで目のかゆみが抑えられる理由

なぜ、ミカンの皮と飲むヨーグルトが花粉症対策になるかというと、ミカンの皮のオレンジ色の部分は花粉症の炎症を抑える成分ノビチレンが含まれていて、さらに飲むヨーグルトにはβラクトグロブリンという花粉症の炎症に効果的な成分が含まれているためだということでした。

ノビチレンとβラクトグロブリンの相乗効果によって花粉の炎症反応が治まると考えられているということでした。

田舎より都会の方が花粉症が多い理由

実は、たくさんスギが生息している田舎に住んでいる人たちよりも、都会に住んでいる人たちの方が花粉症が多いという。

その理由は、花粉が都会の空気中の化学物質とくっついてしまうため。山から放出された花粉は風に飛ばされ工場や交通量の多い都会で煙や排気ガスなどに含まれたか化学物質とくっつくことで、花粉症を引き起こしやすくなってしまうということでした。

今年の花粉のシーズンは、多くの地域で昨年より花粉の量が多いと予測されているという。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする