冬の朝にやってはいけない行動 朝の起き方 歯磨き 朝食 今でしょ講座

今でしょ講座では、寒い冬の朝にやってはいけない行動として、朝の起き方、歯磨きのタイミング、朝ごはんについて取り上げていました。冬の朝の歯磨き次第でインフルエンザの危険が高まるとのこと。朝の味噌汁には鮭を入れて食べると体温アップにつながり、免疫力をアップの朝食としては卵かけご飯が良いということでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




冬の朝の起き方

冬の朝にやってはいけない朝の起き方は次の起き方でした。

自分を奮い立たせ勢い良く起き上がる。この方法は、脳卒中など大きな病気をまねく危険がある起き方とのこと。血圧が急上昇し血管に負担がかかるのでNGとのこと

医学的に正しい快適に起きやすい起き方

寒い冬でも布団から快適に出られて起きれる方法は布団の中で簡単な運動をするだけだという。その運動は手足を開いたり閉じたりを繰り返すだけだということでした。

医師によると、布団の中でこのような運動をするだけで脳の血流が良くなり体も温まるのでかなり朝起きやすくなるとのこと。

やってはいけない朝の歯磨き

医学的にみて冬の朝にやってはいけないNGの歯磨きのやり方は、慌ただしく出かける直前に急いで歯を磨くことでした。

冬の朝は雑に急いで歯磨きをしてはいけないとのこと。理由は、歯磨きをしっかりとしないとインフルエンザになる確率が急増するからだということでした。

歯磨きをしっかりと行うだけで、インフルエンザの発症を10分の1に抑えられるという。

正しい朝の歯の磨き方

ポイントはタイミング、冬の朝の歯磨きのタイミングは目覚めたら何よりもすぐに歯を磨く事でした。

この理由は、朝は口の中にインフルエンザ応援酵素がたくさんあるからだそうです。これはプロテアーゼという酵素で口の中に細菌が増えることで発生するという。

このプロテアーゼは粘膜の壁を壊すのでインフルエンザに感染しやすくなるとのこと。

やってはいけない朝ごはん

冬の朝は食べるものに注意しないと体温が下がって冷え性や風邪の原因になることがあるとのこと。

冬の朝にやってはいけない朝食の取り方は、フルーツやスムージーだけの朝食だということでした。

冬の朝に限ってはこのメニューだけというのはオススメできないという。それは、体が冷えてしまい、冷え性、風邪、だるさ、便秘といった様々な体の不調の原因になってしまうからだということでした。

正しい冬の朝の朝食

冬の朝は免疫力をアップさせるメニューと体温を上げるメニューがポイントになるということでした。

免疫力をアップさせる朝食としてオススメなのは卵かけご飯でした。

続いて、体温を上げるメニューは味噌汁に鮭をいれることでした。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする