アルツハイマー予防の食事はカレー?指の体操でも予防?今でしょ講座

認知症の予防法が今話題を呼んでいる。認知症の1つであるアルツハイマーを予防する食べ物や予防する運動などが林修の今でしょ!講座で紹介されていました。番組によるとアルツハイマーを予防する食事としてカレーの他にもガムなどがあるという。また指を使ったちょっとした運動でもアルツハイマー病の予防になることもあるという。

スポンサーリンク
広告(PC)




カレーがアルツハイマー病の予防になる理由

カレー粉の中に含まれているウコン、さらにウコンの中にふくまれているクルクミンがアルツハイマー病の予防に効果的と考えられている。

脳に溜まるアミロイドβたんぱく質(アルツハイマーの原因物質)が溜まる速度を遅くしてくれるという。インドでは毎日カレーを食べている地域が多いので、そういったところではアルツハイマー病の患者数が少ない。

習慣的にカレーを食べた場合はアルツハイマーの発症を抑えるのではないかと期待されている。
また、レトルトカレーでも効果的に試したいという方は、クルクミンの粉が売られているのでそれをたして食べると良いそうです。

その他アルツハイマーの予防効果のある食材

地中海料理(ブイヤベース)
ガム、緑茶、ワイン、青魚など

ガムは咀嚼が脳に良いということで期待されている。
また、青魚にはオメガ3という脂肪酸も含まれていて認知症の予防になるといわれている。
オリーブオイルにはオレイン酸が、お茶にはカテキンが、ワインにはポリフェノールが含まれている。

アルツハイマー予防の指の運動のやり方

頭のなかで一番領域を使っているのが手の指。
アルツハイマー予防につながるその手の指の動かし方

・左右同時に同じ指を折り曲げて、数えながら動かす。
・左右1本ずつずらしてバリエーションを付ける行う

様々な自分になれないバリエーションを行うことでアルツハイマー病の予防につなげることができるという。目安として簡単にできるようになったら難しいバリエーションの指の動かし方を考える。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする