あいうべ体操!湯たんぽで免疫アップ!主治医が見つかる診療所

夜寝る時のちょっとした工夫で免疫力を上げることができるという。ポイントは湯たんぽを使って温めることと、口呼吸をして喉を乾燥させない事。主治医が見つかる診療所では、湯たんぽをどうつかって免疫アップに役立てるのか、また鼻呼吸に変える簡単エクササイず、あいうべ体操が紹介されていました。

dan1

良い睡眠を取ることで免疫力を高めることができる
風邪などが流行る冬こそ良い睡眠をとって免疫力を高める

免疫の力は起きている時よりも寝ている時のほうが高まりやすい。昼間活動している時は免疫力は以外と低い。
寝る前に少し風邪気味でも翌朝回復しているということがある。

翌朝、風邪が悪化している場合は睡眠時の免疫力が低下していることが考えられる。

スポンサーリンク
広告(PC)




睡眠時の免疫力をアップさせる方法

睡眠時の免疫力アップのポイントは2つある

体を温める事:体を温めてぐっすり眠ることで免疫がアップする。免疫を司っている白血球の中の細胞が活性化され、抗炎症物質もたくさん出される。

布団だけでは冬に良い睡眠を取ることが難しいという。温度が低いという。少し温めるだけで免疫力がアップする。
湯たんぽを使って温める。高齢者だと50度~60度くらいのお湯、若い人なら80度くらいのお湯を湯たんぽに入れて眠る1時間前から布団にいれて温めるのが良い。

湯たんぽは寝るときに足の付根の近くか脇の近くに置きそこを温めるようにすると効果的。つまり、脇、付け根の計4箇所のうちの1箇所のそばに置く。湯たんぽを4つも用意する必要はない。

湯たんぽを足元に置くのはあまり効果が期待できない。

鼻で呼吸すること:寝てる間はしっかりと口を閉じて鼻で呼吸することを習慣づける。口呼吸をすると寝ている間に喉が乾燥してしまう。喉には粘膜があり、濡れているとウイルスや細菌の侵入を防いでくれる。

口呼吸する人が近年日本人に増えているという。

鼻呼吸に変えるコツ

口呼吸から鼻呼吸に変える体操と簡単方法が紹介されていました。

口テープをする:くちを閉じて刺激の少ないテープをつかって貼る。

あいうべ体操をする

・くちを大きく開いて「あー」っと声をだす
・歯を噛み締めて唇を横に開いて「いー」っと声を出す
・くちを尖らせて「うー」っと声をだす
・最後に舌をだして「べー」っとする

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする