アトピーが改善?ニンジンでアレルギー対策?世界一受けたい授業

近年急増しているアレルギー患者、今や2人に1人は何らかのアレルギーを持っている。しかも、大好物だったもので突然アレルギーを発症して食物アレルギーになってしまう人も増えているという。世界一受けたい授業では、ニンジンにはアレルギーを抑える成分が入っているやアトピーが改善する新薬の可能性について紹介していました。

乾燥_min

スポンサーリンク
広告(PC)




アレルギーを抑える効果が期待される食べ物

ニンジン:ニンジンに豊富に含まれているカロテンには食物アレルギーを抑える働きがあるという報告があるという。生のままジュースにして摂ることがオススメ。カロテンは皮の近くに多くある。

乳酸菌:全ての乳酸菌に効果があるわけではなくL‐92乳酸菌など特定の乳酸菌が有効と考えられている。
ただ、バランスのとれた食事が大切。

アレルギーの対策としては保湿もたいせつ!特に冬場の乾燥には注意。

アトピー改善の新薬誕生?

アトピーの原因は複数あるため根本的治療法がない。昨年、京都大学によってアトピーの新薬に繋がりそうな物質が発見される。それはフィラグリンという皮膚の防御反応を高める物質。

マウスの実験では、これをあたえたマウスのアトピーが改善したという。マウスでは副作用もなく新薬の実用化に向けて取り組み中とのこと。

そもそもアレルギーになる理由

人は体内に風邪などの病原体が入ってくると、免疫が働き病原体を退治する。この時に熱が出たり、菌を追い出すためにくしゃみや咳をする。

アレルギーとは、その免疫が病原体ではないもの、例えば花粉などが入ってきた時に病原体と勘違いして攻撃することで起こる。

痒みや湿疹が中心、中には呼吸困難に陥るケースもある。

突然アレルギーが発症してしまう理由

実はそのあたりはよくわかっていない。コップに水が溢れていくことにたとえて説明されることがある。コップに水を入れ続けると溢れてしまう。

同じようにアレルギー原因物質も体に溜まりそれが溢れてしまう状態になるとアレルギー症状がでると考えられている。
大好きな食べ物ほど沢山食べるので、突然アレルギーが発症してしまう可能性が高い。

秋、冬生まれはアレルギーになる可能性が高い

統計的に10月から12月生まれの子供にアレルギーが多い。冬場の時期を乳児期早期に過ごすことで肌にダメージが加わる中でアレルギー物質に反応しやすくなると考えられる。

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする