はなまるマーケット!尿もれには骨盤底筋体操が効果的!

40歳以上の3人い1人は尿もれ経験がある。寒くなると尿もれがおこりやすいという。排泄の相談を受けるボランティア団体、NPO法人の日本コンチネンス協会の週2回行っている電話相談では2日間で1,100件以上のお問い合わせがあったという。それくらい尿もれに悩んでいる方がいる。症状や年齢も様々。はなまるマーケットでは、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の対処法が紹介されていました。

水_min

尿もれのタイプのタイプには2つある。それぞれ、対処法、治療法が違っている。自分がどちらのタイプかを見極めることがとても大切。

腹圧性尿失禁:咳やくしゃみ、重いものをもったりすると尿もれが起こるタイプ。女性の尿もれの2人に1人がこの腹圧性尿失禁。

骨盤底という部分(筋肉や靭帯の集合体)は尿道、膀胱、子宮といったいろいろな臓器を支えている。お産だとか加齢、その他肥満や便秘などで、この骨盤底の組織が弱くなると尿道を良い位置に保てなくなってお腹に力がちょっと入るだけで尿もれが起きる。

足腰をあまり使わない生活をしなくなった事も原因と考えられている。

切迫性尿失禁:急にトイレに行きたくなって漏れてしまうタイプ。

しっかりと対処・治療すると、旅行にも行けるようになるし、力をいれても漏れるかもしれないという心配もなくなり、精神的に晴れ晴れとした感じになる。生活が見違えるように変化した。

女性専用の泌尿器科が増えてきている。泌尿器科は女性が行きにくいイメージがある。

腹圧性尿失禁の尿もれの対処法

腹圧性尿失禁の対処法は3つある

尿もれパッド・吸水パンツを使う。いろいろなものがある。洗って再利用できるタイプも有るという。

・腹圧性尿失禁の場合は骨盤底筋体操で骨盤底筋を鍛えることでかなり改善するという。

骨盤底筋体操のやり方

・肩幅に足を開き、体の全体の力を抜いてぶらぶらとさせる
・肛門をきゅっと締めてパッと開く
・これを5回繰り返す
※太ももやお尻に力を入れない事が大切

・続いて、肛門を5秒間締めて、ゆるめて5秒間キープ
・これも5回行なう

これらを1日5セット行なう。

・最後に手術という手もあるという。

困った

切迫性尿失禁の対処法

切迫性尿失禁は、したいと思うと我慢できない。ドアノブ尿失禁、手洗い尿失禁というのがある。家に着くと思ったら、すごくトイレに行きたくなり、家のドアの直前でもれてしまう(ドアノブ尿失禁)。

手洗い尿失禁は、水の音や水に触れると強い尿意を感じてもれてしまう。その他、頻尿の症状もある。

切迫性尿失禁の原因は過活動膀胱という症状が代表的なんだとか。膀胱の血流低下で膀胱が敏感になり勝手に収縮してしまう。

対処法

・冷え対策:カイロなどで体を温める
・治療薬(病院で治療を受ける):膀胱の収縮を抑えるくすり治療。貼る薬もある
・骨盤底筋体操も有効

スポンサーリンク
広告(PC)




広告(PC)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする